Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://herio.blog78.fc2.com/tb.php/8-854b3014

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

交流会

大会のあとに、最近の大会優勝者が
「ひぐらしデイブレイク通信対戦ロビー」の中でも、
「裏ロビー」と呼ばれる、選ばれしものの精鋭軍団が多く、
なんとその人たちがIRCに参加。

ある人が交流会ということで、大会形式の野試合を開催。

僕は3戦まで、某鋤とナイフの有名人と組むことに。
初戦の相手は2丁とSG。
さっそく怒られました。
「前に出てくるな」
相方の前に出る=相手の視界に二人入る状態をなくし、
クロスやバックアタックではさむように立ち回れという指示。
しかしまぁ、うまい2丁はなかなか隙見せませんね。
相方がSGということで、オギってCSもなかなか許してもらえませんし。
SGの人も、3戦までは、AD切れるときのCSをカウンターで、
やってたんですが、4戦目からそれが通用しなくなったので、
非常にやりづらかった。
相方は無銘茜だったんですが、
茜殺しの川フィールドが多めだったのも響きました。

2戦目、3戦目は勝利。
「立ち回りさえ気をつければ、あとは問題ない」
といわれたので、立ち回りに気をつけようかなと。

その後、一度チームを解散し、
今度はソウルブラザー、「きれいなとみたけ」氏とチーム。

初戦の相手は入院と斧。
「近接はムリにこちらからつぶしにいかず、向こうが来るのを待て」
を実践できるようになったため、以前よりは戦えました。

次の相手は、鉄と無銘。
2-2まで持っていったのですが、惜しくも敗れました。
いやほんと、後一撃で! っていうケースが多かった。

3戦目は霊と入院。
相手が遠距離と硬直とりの強いキャラということで、
先ほどの「立ち回り」をとにかく気をつけ、
とにかく、相手の攻撃を誘うことに専念。
わざと高飛びし、相手の注意をひきつけたところで、
ブラザーの援護射撃でカットしてもらうという連携なども決まり、
いい感じに勝てました。

最後に、大会全勝優勝経験者のスタンと腕。

「近づいたら負けかなと思っている」

と思って、逃げすぎました。
立ち回りもくそもなく、
スタンCSに慣れてないことを痛感。
途中から左右によけてから、硬直を取る!というのを心がけてたんですが。
二人して、わざわざ前に出て行くというシーンもあったから、
もっと待ちに徹してもよかったんじゃないかなぁと反省。
起き上がり攻めに関しても、いったん味方ロックでそっち走りながら、
攻撃が着そうなタイミングでクルッと振り返って反撃。
ができればよかったなぁと反省。
全体的にまとわりつかれた場合の対処が甘いなと自分で反省。
ただまぁ、やはりこの二人はうまかった。
まだまだ上位陣への壁は厚い。

とりあえず、

・クロスや挟み撃ちの立ち回り
・近寄られて、まとわりつかれたときの迎撃
・対スタン
・対腕石の起き攻めへの対処
・確定がとれる瞬間の見定め

以上を気をつけていこうかと。
とくに、最初と2番目と最後は最優先事項かな。
「確定とるためにはひとつのキャラ使いこなせないとダメだから、
 そのキャラでとれるまではほかのキャラつかわないほうがいい」
というアドバイスもらったので、
せっかくなんで、水1本に絞ってみようかな。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://herio.blog78.fc2.com/tb.php/8-854b3014

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。