Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://herio.blog78.fc2.com/tb.php/31-a7b8f3ee

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

水のダイヤ

※あくまでフラウの個人的立ち回りからの考察なので、
 異論あるとおもいますが、あくまで1意見として読んでください。


対バット   3:7

結構厳しい。圧倒的に火力が足りない。
1.06なら、適当に突っ込んでくる相手なら、
落ち着いてNSで硬直とれば安泰だったけど、
今の仕様だときびしいなぁ~。生命線のNSを、
「撃たされる」感が強くなった。

対鉄   7:3

鉄はやりやすい。
水は空CSでオギったり、逆にCSでわざと隙さらして、
相手がNSでカウンターしてきたところを、逆にNSでとれるんで。

対2丁    3:7

手数と火力で圧倒的に劣ってます。
正直タイマンじゃきつい。
向こうは遠距離でも有効な攻撃手段があるのが強い。

対ナイフ  6:4

ナイフは攻めのパターンが前衛系では少ないため、
ナイフを使ってる経験もあって、やりやすい。
基本はガン待ち。
ナイフは機動力は高いけど、スタミナは低い。
AD合戦の場合、空格と接射に気を配ってれば、OK。
自分が瀕死のときこそ、落ち着いて戦うことが肝要。

対スタン  5:5

ナイフより確定がとりやすいスタンだけど、
水も確定取りやすいわけで。
安易に上をとらせないように気を配りつつ、
相手のCS出すタイミングをよく読んで戦えば、
体力低い詩音なら、水でも十分ダメージ与えられる。


対花火  5:5

火力面ではやや勝ってるものの、手数や、
格闘性能でかなり劣ってる。
D格でNS潜られるのが何気に痛い。

対鉈  5:5

オーソドックスな相手だけに、迎撃意識してればいける。
オヤシロ時のレナパンだけは気をつける。

対斧  8:2

水圧倒的有利です。
闇討ち空格→前格→ケンタのコンボを食らわないよう、
常に斧の位置は確認しておくことが必要だけど。

対鋤 4:6

水は鋤の硬直取りやすい部類だと思う。
ただし、火力が低いんで、ダメージ負けすることが多い。
よって、4:6。

対モップ 8:2

鋤とくらべて、ダメージ負けすることが少ないし、
やりやすい相手だと思う。りかちゃまは体力最低だから、
水NSも十分脅威。

対鯖 8:2

格闘キャラ全般にいえるけど、水は対格闘キャラはいまだに鬼です。
オヤシロもつぶせるから、接近させないこともできるのが強み。

対霊 5:5

お互い弱体化した同士。
正直、五分五分だと思います。
以前は水のほうが圧倒的有利だったけど。

対無銘 3:7

とりあえず、無銘きたら逃げます。
前NSとか、低空CSしてくれたらラッキーぐらいなきもちでやってます。
NS一発でダウンするし、やってらんね!!!!

対玉はじき 6:4

玉はガードポイント増加があるため、ほかの近接よりはやりにくい。
貴重なNSをガードポイントではじかれると、
かなり泣ける。

対銃石 6:4

なかなか減ってくれないけど、機動力遅いキャラには水強いです。

対腕石 8:2

ほかのキャラだと、空格アーマーでそのままFCS食らうところを、
水なら二連射だから、アーマー関係ないところが強い。
オヤシロ時はBSNS一回じゃとめられないけど。

対SG 5:5

意外と思う人多いかもしれないけど、
火力低下してるのはかなり痛いよ?
SG弱体化したけど、CSのダメージはまだまだ結構高いし。
水のろめだから、FCSで確定とられやすいしね。

対定規 2:8

天敵その1。機動力高いのに、スタミナがそこそこあり、
確定とりやすいCS。おいしくないです^^;
NSもよけにくいし、FCSで確定とられやすいのもきつい。

対コンパス 1:9

厳しすぎる。
上とってオギろうにも、機動力低いからやりにくい。
火力も圧倒的に向こうのほうが上だし、どうしようもない。


とりあえず、こんなところ。
34と赤坂についてはまだ検証中。
罠に関しては、あれはいろんな意味で別ゲーなので、割愛。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://herio.blog78.fc2.com/tb.php/31-a7b8f3ee

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。